藤井貴信はテニスで錦織圭に全勝!?引退した理由と現在は?


本日の18時30分~20時54分に放送される「消えた天才」では、「錦織圭が3戦全敗!一度も勝てなかった天才が20歳で消えた…衝撃真相」という内容が取り上げられます。

錦織選手といえば、常に注目が集まるテニス選手になります。

そんな錦織選手が「3勝全敗」した選手とは…?

調べてみると、藤井貴信さんであると言われています。

今回は、藤井貴信さんについて引退した理由や現在についてまとめていきます。

よもぎ
あの錦織選手に全勝したにもかかわらず、引退してしまった理由とは何なのでしょうか?

<スポンサーリンク>


藤井貴信さんはテニスで錦織圭に全勝!?

錦織選手といえば、現在行われているウィンブルドン選手権で先日世界ランク3位のフェデラーと戦い、負けてしまったのが記憶に新しいと思います。

しかし、現在の錦織選手の世界ランクは、なんと世界ランク7位!

過去には、世界ランク4位になった実績もあります!

この世界ランクは、アジア男子テニスのなかで最高位になります。

よもぎ
世界ランク7位…私にはすごすぎて想像ができませんでした…。
そんな錦織選手に勝った藤井さんとは…?

そんな錦織選手と藤井さんが戦った3戦についてまとめていきます。

第17回全国小学生テニス選手権大会の1回戦
6-3、5-7、7-5で藤井さんが勝っています。

全日本ジュニア選手権大会2004の3回戦
6-3、6-4で藤井さんが勝っています。

もう一戦の情報は見つけることができませんでした…

情報があった2戦の結果をみると、全日本ジュニア選手権大会2004では藤井さんがストレートで勝っています!

錦織選手にストレートで勝てるような実力を持つ藤井さんとはどんな人なのでしょうか?

<スポンサーリンク>


藤井貴信さんとは?

藤井さんは、2018年5月12日(土)に放送された、「松岡修造のテニス合宿20周年スペシャル」にも参加していました。

この番組には、錦織選手も参加していました。

この番組のなかで、

藤井貴信は当時錦織圭に3戦3勝で世界ジュニアランク日本人トップだった。しかし、難しいボールをすぐ諦める癖があった。さらに、合宿での生活態度の悪さも指摘された。その後改心してボールに食らいつく姿勢を見せた。
引用:gooテレビ番組

と言われていました。

また、現在もプロとして活躍されている、尾﨑里紗選手のコーチをされている川原努コーチが指導もされていました。

その際に藤井さんについて「彼はいい選手になる!」と断言したり、トップ選手に必ずなれる選手だと言っていたようです。

周りからの期待に答えるように、藤井さんは戦歴をどんどん上げていき、2005年に18歳でプロデビューされました。

18歳でプロデビューできる実力や、錦織選手に全勝できる実力がありながらなぜ引退してしまったのでしょうか?

引退した理由とは?現在は?

松岡修造のテニス合宿20周年スペシャル」のなかで、藤井さんが引退した理由とその後の様子について触れられていました。

2005年18歳でプロデビューしたが、肩と足首を続けて故障し20歳で引退した。引退後は大阪の大学に入学し、現在は家庭を持ち家族を背負い戦っている。

引用:gooテレビ番組

20歳で引退ということは、プロとして2年間しか戦えなかったんですね…。

さらに、引退した理由も怪我による故障となれば、とても悔しかったと思います。

現在藤井さんは、兵庫県の会社に勤務され、ショベルカーの操作やトラックの運行管理をされています。

藤井さんの働かれている姿に松岡修造さんが、「地道に働いている姿が輝いているように見える」と話をされたようです。

よもぎ
今回調べた結果、藤井さんが引退した理由は怪我によるものだとわかりました。
しかし、本日放送される番組では「衝撃真相」と言われていますので、もしかしたら別の理由があるのかもしれません。
衝撃真相とはいったい何なのでしょうか?

<スポンサーリンク>


追記

藤井さんがプロになった後の戦績は0勝8敗。

その時錦織選手は世界で活躍していました。

焦る気持ちから練習を繰り返し、怪我をしてしまいます…

しかし、怪我が治る前にさらに練習を繰り返していき、試合に勝てなくなり、引退されたようです。

やはり、直接的な原因は怪我のようでした。

関連記事




ABOUTこの記事をかいた人

アバター

銀座の会社でライター業をしています。世間のさまざまな事件や事故、人物について調べ、私なりの視点で情報をお届けします!スタバで記事を書くことが多いので、もし見かけたらお声かけください。笑
           

SNSでシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。