えなりかずき 子役時代の活躍とは!?内面は卑屈だけどナンパ慣れしてる?


渡る世間は鬼ばかり“で活躍された、えなりかずきさん。

えなりかずきさんで思いつくのが、やはり”渡る世間は鬼ばかり”…

他にも多数の作品で活躍されているはず!

と思い、今回えなりかずきさんの子役時代について調べてみました。

また、えなりかずきさん には意外な一面が…

<スポンサーリンク>


    

えなりかずきプロフィール

引用:Twitter

芸名 えなりかずき
本名 江成 和己
生年月日 1984年11月9日
出身地 東京都世田谷区

えなりかずきさん で思い出すのは、シャツは襟付き、ボタンは一番上まで留め、必ずベルトを締めるなど”若者らしくないキャラクター

そんな えなりかずきさんの芸歴はとても長く、3歳のころから活動されています。

そうすると、えなりかずきさんは、現在34歳。

芸歴なんと、31年

長すぎるΣ(・□・;)

その芸歴の長さから、えなりかずきさん様々な作品に出演されています!
     
    

えなりかずきの子役時代の活躍がすごい!

芸歴31年のえなりかずきさん。

子役時代の活躍がとてもすごいんです!

代表作品をいくつか紹介していきます(^o^)

渡る世間は鬼ばかり

えなりかずきさんと言えば、”渡る世間は鬼ばかり“シリーズ。

引用:TBS番組表

この時、えなりかずきさんは、約6歳。

可愛いですね(*^-^*)

“渡る世間は鬼ばかり”シリーズは、脚本家の橋田壽賀子さん原作の大ヒット作品。

第1シリーズは、1990年10月に放送開始。

その後も、連続ドラマやスペシャルドラマとして放送されています。

令和1年目となる今年も、放送されるようです!

引用:TBS番組表

今回も えなりかずきさんが作品に参加するのか、まだ発表はありません。

しかし、”渡る世間は鬼ばかり”では、初期から出演されている主要メンバー。

恐らく、今回も参加されるのではないでしょうか?

楽しみです(^o^)
     
   

ホットドッグ

1990年に放送されていた、連続ドラマになります。

4人の子供と暮らすことになってしまったテキ屋の男と、周りの人間関係を描いた物語。

えなりかずきさんは、この時、4人兄弟のうち次男を演じられました。

そして、この作品が えなりかずきさんの初出演作品に。

このドラマの中で、えなりかずきさんは、”大仏“と呼ばれていました。

“大仏”…違和感ないですね。笑
     
   

ポンキッキーズ

ポンキッキーズは、ガチャピンムックなどが登場し、「総合キッズエンターテインメント番組」としてスタート。

1993年から放送された第1期で準レギュラーとして出演。

引用:youtube

    
この時も、可愛い(^o^)
    
    
子役として、ドラマだけでなく”ポンキッキーズ”などの番組にも出演されていました。

また、他にも、”ひとり家族“ ”ああ、母さん“などのドラマに出演。

大人になってからも、”えなりかずきの一休さん“や、”えなりかずきの少年探偵事件でござる “などで活躍されています!

えなりかずきさんは芸歴31年ということもあり、様々な作品で活躍されていました(^o^)

<スポンサーリンク>



    
    

内面は卑屈?意外にナンパ好き?

子役時代に多数の作品で活躍された、えなりかずきさん。

その えなりかずきさんに意外な一面が…
  
   

卑屈な内面を告白?

えなりかずきさんは、2019年8月20日の”踊る!さんま御殿!!“に”コンプレックスのある有名人“として登場。

引用:ザ テレビジョン

えなりかずきさんのコンプレックスとは何だったのでしょうか?

そのコンプレックスとはこちら。

女性に対して「自分を好きになるはずがない」と思い込み、「タクシー代を多めに渡してしまう」と告白。おまけに合コンでは卑屈になってしまい、「自分を何秒見た」「イケメンを何秒見た」など時間を計ってしまうという悲しい癖が。

引用:ザ テレビジョン

えなりかずきさん、子役時代にあれだけ活躍したのに…

それよりも、合コンに参加されるんですね。

合コンの方が意外でした(´・ω・`)

内面が卑屈だと告白した、えなりかずきさん。

しかし、以前は、こんな発言も・・・
   
   

意外にナンパ好き?

2010年に出演した”メレンゲの気持ち”での発言。

ナンパは苦にならない。

と発言し、周りを驚かせていました。

これだけ可愛かった えなりかずきさん から出たとは思えない言葉…

また、えなりかずきさんは、ナンパを断られても気にしないそうです・・・

そのため、声をかけるのを躊躇うような綺麗な女性にも普通に声をかけます。

同番組に出演されていた、松浦亜弥さんのように綺麗な方にも平気で声をかけると。

えなりかずきさん以外すぎるΣ(・□・;)

そんな えなりかずきさんのナンパに対する考え方は、

『イチローでも3割バッター。ボクなんかまだ低いんだから30人で1人うまくいけばいいんですよ』という考え方で「あややから断られても『29人のうちの1人』と思えば気にならない」

引用:livedoor NEWS

と、数打てば当たるの考え方のようです。

“渡る世間は鬼ばかり”のイメージからは、考えられないですね(´・ω・`)
     
 
2010年の発言は、”ナンパは苦にならない”

2019年の発言は、内面が卑屈すぎる

と、えなりかずきさん9年間の間に何があったのでしょうか…?

よもぎ
えなりかずきさんと言えば”渡る世間は鬼ばかり”のイメージが…
これだけ多くの作品に出演しているのは、驚きでした!
そして、ナンパに慣れてるなんて…知りたくなかった…

<スポンサーリンク>


関連記事




ABOUTこの記事をかいた人

アバター

銀座の会社でライター業をしています。世間のさまざまな事件や事故、人物について調べ、私なりの視点で情報をお届けします!スタバで記事を書くことが多いので、もし見かけたらお声かけください。笑
           

SNSでシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。